ハッピーリフォームセンターは安心リフォームで
ご家族がず~っと幸せに暮らし続ける住空間を守り続けます。

ハッピーリフォームセンターがリフォームで叶える暮らし


ハッピーリフォームセンターは、その名の通り地域やお客様の住まい、暮らしを “ハッピー” にすることを事業目的としています。ハッピーであるためには「安全で安心できる住環境」であることを一番の基本とし、お客様のご希望に沿いながら、健康配慮、省エネ性の向上、バリアフリー化による家庭内事故の軽減、使いやすくストレスを軽減する収納や動線の工夫で便利にするコト、そしてご家族が憩い笑えるようなわくわくする空間、をリフォームで叶えています。

ハッピーリフォームセンターがリフォームで叶える暮らし

「リフォームはクレーム産業」と揶揄されるコトがしばしばあります。まったく不名誉な揶揄ではありますが、残念ながらいろいろなクレームがあることも確かです。では、どうしてクレームが起きるのでしょうか?問題の原因は大きく3つあるようです。

1●「嘘偽りなく当たり前のコトをキチンとする」ことをしていない/確信犯
2●「嘘偽りなく当たり前のコトをキチンとする」ができない/無知・能力不足
3●「嘘偽りなく当たり前のコトをキチンとする」を継続しない/場当たり営業

では、嘘偽りなく当たり前のコトをキチンとするというコトは何なのでしょうか?
私たちハッピーリフォームセンターの判断基準は・・・
1リフォーム前のご希望やお悩み、ご予算にしっかり耳を傾ける
2お客様にとって工事は未知のコト、常に意思の疎通を図りご不安を解消
3リフォーム後にお客様の暮らしはスタート、住まいの主治医として寄り添い続ける

社 名 に 込 め た 想 い

当社は「関設備」としてキッチン・お風呂。トイレなどの水廻り専門の工事をしてまいりましたが、その強みを活かしたリフォーム専門店「ハッピーリフォームセンター」を設立しました。

水廻りを得意分野とした象徴として、このカエルのイラストを当社のマスコットにしました。

また、言葉遊びではありますが「カエル」を長持ちに変える、エコに還る、など「ご家族がハッピーにカエル」という想いを込めています。

ス タ ッ フ 紹 介

有限会社ハッピーリフォームセンター
代表取締役 関 義明

「人がよくて安心」の声が我が社の勲章です

ハッピーリフォームセンターは、古河市を中心に13 市町村で水廻りを中心としたリフォームを、関設備の創業以来、約半世紀営業させて頂いております。

当社の強みはキッチン、お風呂、トイレといった水廻りリフォームで、知 識 、経 験 による「提案力」と「施工力」は誰にも負けない!と自負しております。

また、多くのお客様より “人がよくて安心” とお褒めの言葉を頂けるコトは何よりも自信になりますし、私も自社スタッフを誇りに思います。

安心リフォーム専門店・ハッピーリフォームセンターをこれからもご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

[保有資格]
●給水装置工事主任技術者 ●2級管工事施工管理技士
●2級土木施工管理技士

「よく聴き、よく看る」ことでご満足をお届け

秋山 光則Mitsunori Akiyama

常にお客さまの立場で。プロですから 
お客様のお望みの事、困っておられる事、そして口には出せないことを慮りながら、しっかりとお話をお聴きします。そして リフォームしたい所はもちろん、その周辺やポイントとなる箇所をしっかり看るようにしています。

徹底したヒアリングで最適でちょうどいいご提案を 
ヒアリングの善し悪しは、ご提案や施工の成否に大きく影響します。
私が身を以て経験したことです。ですから、徹底したヒアリングで最適でちょうどいい提案するコト、これからもこの姿勢を貫き、一層のご満足をお届けしてまいります。

[保有資格]
●2級建築施工管理技士 ●給水装置工事主任技術者
●2級土木施工管理技士 ●排水設備主任技術者
●給水装置工事配管技能者 ●特別化学物等作業主任技能
●車両系建機 ●労働安全衛生

「よく聴き、よく看る」ことでご満足をお届け

関 裕樹Hiroki Seiki

お客様さまに寄り添い、わかりやすく説明します 
専門用語を使わない、どうしたいのかをきちんと聞いた上でご提案、メリットとデメリットもきちんとご説明しています。

施工中もしっかりカバー 
職人はお客さまに対しては不器用なことがあるので、何を今行っているのか、なんでこのようなことをしているのか、など私がクッション材になるよう心がけ、適切なカバーをしてます。 

アフターフォローをしっかり
リフォーム終わっておしまい。ではなく、長い付き合いができるよう心かけています。それがパソコンの使い方や、家電の接続・設定など、全く仕事に関係ない内容でも相談受けてます。

[保有資格]
●リフォームスタイリスト2級 ●車両系建機

納得して頂いた上で、丁寧にスピーディーに

川島 伸平Shinpei Kawashima

丁寧かつ、スピーディー 
修理であっても、新規取り付けでもお客様のために早く終わらせることを心がけています。例えば、トイレなど使用できない期間はお客様にとってストレスになりますから。もちろん丁寧に。手はぬきません。

状況に応じた提案 
修理すれば使えるが、新しく交換した方がいいのか・・・ それぞれのメリットとデメリットを話し、納得できる安心感を心がけています。もちろん、売込みはしません。

しっかり説明を
何がダメで故障になったのか、今後どうすればいいのか。を明確にご説明します。その上でどんなリフォームをするべきか?をお客様の意図を組んでご提案しています。

[保有資格]
●給水装置工事主任技術者 ●2級管工事施工技能士
●排水設備主任技術者 ●給水装置工事配管技能者
●増改築相談員 ●車両系建機

協 力 業 者 紹 介

もっとも頼れる大工さん親子です

父親 根岸 栄 / 息子 根岸 宏明

もう古い付き合いで、永年一緒に仕事をさせて頂いてます。

大工仕事はもちろん、ちょっとした補修や板金や塗装などにも対応できる多能工をしても高い技術を持ち合わせています。

それはやはり大工でなので「家」のそのものを熟知しているからでしょう。

リフォームは工事をすることで完成するのですから、その工事品質そのものが確かでないといけません。

その工事品質に評価をいただけるのも、この大工さん親子のおがけです。 ※普段は笑顔の親子ですが、撮影は苦手なようで(笑)

会 社 紹 介

会社概要

社 名

有限会社ハッピーリフォームセンター

代表取締役

関 義明

所 在 地

〒306-0015 茨城県古河市南町1番18号

電  話

フリーダイヤル 0120-305-223

電  話

0280-32-3500

F  A X

0280-32-7671

受付時間

365日24時間 年中無休

営業時間

8:00〜18:00 日祝休み

事業内容

住宅に関するリフォーム全般

参加団体

TOTO リモデルクラブ
クリナップ 水まわり工房
タカラ パートナーシップ
NPO元気に暮らす会

対応エリア
[茨城県]古河市・境町・八千代町・結城市・五霞町
[栃木県]野木町・小山市・栃木市
[埼玉県]久喜市・羽生市・幸手市・加須市
[群馬県]板倉町
※エリア外はご相談ください。

会社沿革

1971年1月

関 富司が茨城県古河市にて水道設備業を開始

1975年

水道本管布設工事請負

1978年11月

現住所にて(有)関設備を設立 資本金100万円

1982年11月

関 義明が取締役に就任

1986年7月

セキ設備建設(株)に組織変更 資本金500万円

1992年10月

関 義明が代表取締役に就任

2000年9月

有限会社ハッピーリフォームセンター設立